失敗からの反省

そもそも家探しをするにあたり

不動産屋さんは1つに

しぼる必要があるのでしょうか?

大手から小さな個人経営な

町の不動産屋さんまで

今やたくさんの不動産屋さんがあります。

スポンサーリンク



それぞれに強みがある

戸建てを探している人は

ご存知かと思いますが、

自社物件というように

そこの会社でしか取り扱っていない

物件も存在するのです。

例えば町を歩いていて、

ふと気になった物件を紹介してもらうには

その専属の不動産屋さんに

たずねるしかない状況も

あるかと思います。

新築建て売りに強い不動産屋さん、

大手で安心信頼のできる不動産屋さん、

その町に詳しい町の不動産屋さん、

新築マンションの営業担当者さん、

それぞれに強みがあるのです。

誰を信じるのか

友人知人に紹介されれば

信頼を寄せていけるでしょうし、

はじめましてで訪れると

どんな担当者さんがついてくれるのか、

それは運もあるかと思います。

詳しくて頼り甲斐があって

親身になってくれる人なら完璧ですが、

やる気が感じられなかったり、

覇気もないような人だとしたら、

きっと不安に感じるでしょう。

1つに絞るリスク

ネットで情報が簡単に収集できるように

なった現在でも、

タイムラグはあるでしょうし、

不動産屋さんが先に知っている

情報だってあると思います。

だからこそ、

強みのある業者さんを

複数かけもちしても良いのではないかと

僕は思っていました。

1つの業者さんに絞ることで

入ってくる情報量が少なくなる

リスクより、

問題にならない範囲で行動して

たくさん情報を集めた方が

より後悔しない家探しが

できるのではないかと

思いました。

僕は素人なので

間違った意見かもしれません。

不動産屋さんからしてみれば

怒りを買うようなやり方かも

しれません。

後悔しないで

でも家を買うのは何回もあるわけでは

ありません。

後悔しないように全力で

家探ししたらダメですか??

失敗したら反省すればいい

買い逃したり、

内覧時に失敗したり、

家庭内で意見が割れたり、

時には不動産屋さんと行き違ったり。

失敗したら反省すればいい。

※僕の失敗談の記事は、こちら☆

そこから改めて考え直して、

反省をいかした行動をすれば

いいのです。

僕は不動産屋さんの気分を害し、

最悪な事態に陥りましたが、

きちんと反省し、

相手を敬い、

頼り、

そしてちゃんと契約できました!

夢の、憧れのタワーマンションで。