僕の購入物件との出会い

スポンサーリンク



出会えた

とうとう僕が購入する物件と

出会えたのです。

ある朝、

日課の物件検索をしていると、

僕がずっと憧れを抱いていた

あの中古タワーマンションの中に

新着情報が増えていることに

気付きました。

部屋の広さは75㎡ほどの3LDKで、

タワマンだけど低層フロア。

向きは僕の好きな景色が広がる方で、

夏の花火大会も望めるはず!

さらにポイントは、

マンションでは珍しいパントリー付き。

キッチン横にパントリーがあれば、

狭いマンションのキッチンには

とてもありがたいはずです。

あふれてしまう食料品や

食器、調理器具、掃除機だって

なんでも収納できるでしょう。

急いで内覧手配を!

僕は急いで内覧手配を

不動産屋さんにお願いしました。

すると、

「この物件は引渡し日が合わないので

やめておいた方がよろしいかと」

と、

不動産屋さんから言われたのです。

それでも気になった僕は、

引渡し日を早められないか

確認をお願いしたのです。

無理でした

売主さんの新居の引渡し日の兼ね合いで

この物件の引渡し日を早めることは

難しいとの回答でした。

実は僕の子どもが小6と小3で、

卒業式はどうしても今の学校でと

強い希望がある上、

引越しは中学の入学式前までの

春休みの間、

つまり3月末から4月頭しかないのです。

こんなに限られた引渡し期間に

ちょうど合う物件なんて

なかなかないのです。

だからこそ、

僕が家探しに苦戦し続けていたのかも

しれません。

いつ動けば良いのか

本来であれば、

引越しの3~6ヵ月前ぐらいに

家探しをするようです。

しかし、

年末や年度末引渡しの物件となると

人気の時期のため

物件の動くスピードも早いのです。

つまり早く決断をしないと

良い物件ほど早く売れてしまうのです。

不動産屋さんに伺うと、

物件を内覧せずに購入する人や

1度の内覧直後にそのまま申込みに

入る人もいるようです。

そんな即決な決断力、

僕にはありません…(泣)

だからこそ、

みんなが動き始める前から

余裕を見て家探しをしていたのです。

悶々とする日々

不動産屋さんから

残念な結果を聞かされた僕は

より一層この物件への想いが

募るのでした。

どうにかして買えないものか、

売主さんに調整のお願いは

できないものか…

どうしたら良いかはわからないものの

悶々とする日々が続きました。

そして事件が起こるのです!!!

にほんブログ村テーマ 楽天買いまわりのオススメはコレ♪へ
楽天買いまわりのオススメはコレ♪