家探しは慌てるしかない

家探しに奔走している僕は、

ある日衝撃な事実を

目にすることになりました。

スポンサーリンク



内覧した物件が売れていく

いつもの日課として

ネットで不動産情報を検索していると、

僕のお気に入り登録した物件が

掲載終了になっていると気付きました。

それは、

以前に僕が内覧した

ペンシルハウスや

中古マンションたち。

にほんブログ村テーマ マンション購入へ

マンション購入

僕はまだ何も買えていない

勇気を出して買う決断をせず

迷走しながら

がむしゃらに内覧し続けていただけで

何も成果が出ていないことに

気付かされました。

それと共に、

他の誰かがあの物件を買ったということは

もしかしたら

とても良かったのではないか、

あの時買えば良かったのかなあと

後悔する気持ちが出てきました。

見る目は確かだ

しかし考え方を変えると、

他の誰かも欲しくなるような物件を

僕だって見に行ったということは

見る目が確かなんだと思いました。

不動産の供給が多いこの時代、

検索すれば

数多くの物件情報が出てきます。

その膨大な量の中から

選び抜いて内覧に行くわけで、

今までのようにただ見に行くだけでは

いつまで経っても買えないし、

悠長にしていると

本当に欲しい物件すら

先に買われてしまうと気付きました。

にほんブログ村テーマ 中古一戸建て・マンションへ

中古一戸建て・マンション

慌てちゃだめ

不動産は高い買い物なんだから、

焦って慌てて買っても

ろくなことがないとか、

まだ慌てなくていいんだよ

なんて、

両親から言われますが。

慌てないとダメなんです

いざ本当に本当に欲しい物件に出会えたら

急いで契約しないと

奪われてしまうんです!!

これは僕の実体験からわかったことです。

人が探し始める時期よりも

一歩先に家探しを始め、

まずは物件を見る目を養う。

そしていざ出会えたら、

急いで検討して、

急いで契約の意思を示さないと

いけないのです。

じゃないと、

負けてしまいます!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村