Part5

動名詞を目的語にすることができる動詞

miss/avoid/justify/include/deny/suggest/keep/finish/consider
文型・語法
■命令系統の動詞とthat節

 SV that S – should 原形
– 原形

主節の動詞がrequest、propose、suggest、insist、advise、recommendなどの
命令系統の動詞であれば、それに続く従属節(that節)は命令の内容を表す。

■使役動詞

S + V + O + C(Cに原形を取る。)

make/have/let
■SVOCのパターンをとる動詞
S + V + O + C(Cに形容詞を取る。)
make ※させる/find ※気づく/leave ※ほったらかす/get ※の状態にする
■目的語+to不定詞をとる動詞

 S + V + 人 + to ~

allow 人 to ~(Oが~するのを許す)
ask 人 to ~(Oに~するよう頼む)
cause O to do(Oが~するのを引き起こす)
enable O to do(Oが~するのを可能にさせる)
expect O to do (Oが~するのを期待する)
permit 人 to ~

・force O to do(Oが~するのを強要する)
・get O to do(Oに説得して~させる)
・invite O to do (Oが~するよう勧める。)
・instruct O to do(Oが~するよう指示する)
・oblige O to do (Oに~する義務を負わせる)
・persuade O to do(Oが説得して~させる)
・recommend O to do (Oに~するよう勧める)
・tell O to do (Oに~するよう伝える)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする